体験者から学ぶ‘システム・テクニック’

備えあれば憂いなし!

今はネット社会の時代、どのご家庭にもパソコンはある時代ですけど、意外とセキュリティ対策があまいご家庭もあると思います。なんとなく人ごとのような気がしているのですが、やはり備えあれば憂いなしのような気がするのです。
というのは、今から10年前くらいに、まだウィルスについての認識が今より甘かった時代、よく友人通しでメールの交換をやっていて添付ファイルのやりとりをしていました。私はセキュリティソフトをパソコンにインストールしていたので、添付ファイルでもウィルスチェックされたものを開いているのですが、知人の中にはパソコンが重くなるのが嫌で、セキュリティ対策ソフトをとってしまっていて、添付ファイルを開けた瞬間に画面が真っ赤になってウィスルにやられた人がいました。
友人からきたメールだと思って開けたのが、まったく知らない相手から来たメールだったらしく、そこにウィルスがついていたらしいです。

今はもうセキュリティ対策用のソフトが入ってるのは当たり前の時代、その重要性も言うまでもないって感じですね。

OSが入っていなければタダの箱

パソコンって言いましてもソフトや、そしてその土台とも言えるOS、つまりはオペレーティングシステムが入っていなければタダの箱って事はよく言われますね。
私は自分のPC人生、Windows 95が出て以来ずっとOSに関してはWindows。今日はどうしてそっちを選んだかって事ですが、別にさしたる理由はなささそうって書くしかない。
PC買うならWindows 95っていう風潮、そして98、SE、2000とかグレードアップされるにしたがって、次に新しくPCを買うにしても、そのグレードアップしたWindowsがどこまで使いやすくなったかとか、最初に買ったのがそうだっただけに容易に比較できるからだと思うんだよね。例えば車にしたって最初にトヨタだったらトヨタ党になってしまうとか、そういった思いいれとまではPCのオペレーティングシステムにまでは言わないけど、いきなりMacのに乗り換えるという事になると、既に無意識で使えていた操作とか、若干違うだろうし、ブラウザなんかも慣れるまで時間かかりそうって思う。
新型パソコンを買ったらその日のうちにネットがしたい。そういう待てない私なので、やっぱり今後もずっと自分の第二の肌のような親和性を持つWindowsを支持し続けていくだろう。

注目のシステム。情報量が多いこのサイトがイチオシです

Copyright (C)2014体験者から学ぶ‘システム・テクニック’.All rights reserved.